カテゴリ:旅の日記( 11 )

GW・長野への旅行 湯俣温泉 7回目

回入浴に適している場所も発見し早速入ってみる事に ↓

c0047726_1961092.jpg


冷たい雪解け水と熱い温泉の水が混ざり合ってかなり良い感じ

中からの眺めは ↓

c0047726_1918384.jpg


やっと念願の入浴を果たし、延々歩いて来た苦労もさっぱり流れましたw

お昼は対岸へ渡る前に温泉にレトルトのご飯とカレーに卵を浸けておいたので、また対岸へ渡河して戻って食べる事に ↓

c0047726_19291494.jpg


温泉卵はとっても美味しく出来ていたのですが、ご飯とカレーはちょっと温め ^ ^;

まあ、お腹が減っているから美味しく頂けましたけどね~

昼食の後はもちろんお昼寝 ↓

c0047726_1934855.jpg


空気は綺麗だし、暖かくちょっと寝ただけでとてもスッキリ


帰りの道のりは相変わらず大変でしたが、行程が分かってるだけに気分的に楽でした。


次はもうちょっと楽な所へ行こうかな ^ ^;
[PR]
by katu-BG | 2006-08-06 19:41 | 旅の日記

GW・長野への旅行 湯俣温泉 6回目

早く書き終わらないとお盆休みに入ってしまいます><

対岸に渡る為に浅い所を探して上流へ歩いていくと中洲があり、なんとそこからも温泉が噴水のように湧き出している所がありましたw

c0047726_202745.jpg


この温泉を中継地点にして足を暖めて対岸まで渡る作戦で水の中に入りましたが、川の水は思っていたよりも冷たく数秒で足の感覚が・・・・ 通り越してジンジン痛くなりヤバイ事に気付く。(浅い所でも膝位まではあり、ちょっとずれると股位までの深さ)
ちょっと後悔

(ノω・、) ウゥ・・・

そして冷えた足のオアシスだと思った中洲の温泉は、冷えきった足には逆効果でとっても痛い。
かなり後悔

(T-T*)フフフ…

半泣きになりながらやっとの事で渡った対岸にはヤツが待っていた

c0047726_2041467.jpg


デカッ!メチャメチャデカッ!!!

この白いキングスライムと見間違える物体は 「噴湯丘」と言う天然記念物で、高さは約3mほど温泉の堆積物が積み重なってできた大きな岩状の物だそうです。

触ってみると石の様に固く、下からは温泉が勢い良くグツグツと湧いていました。

c0047726_20494741.jpg


この温泉はかなりの温度で、手を付ける事も出来ない程。

この流れが川へ向かって流れているので、川の方へ歩いてみる事に

c0047726_2053183.jpg


そしてこの温泉の川と冷たい水の川が合流している辺りを入浴に適した温度を探して歩き回り、↓の辺りが丁度良さそう

c0047726_2103622.jpg


次回、いよいよ入浴w

って引っ張りすぎですかね (゚ー゚;Aアセアセ

写真をたくさん載せたいのですみません><


※渡河は大変危険な行為です。特に冷たい雪解け水、誰もいない山奥ですので無理をしないで自己責任でt注意して行って下さい。 今回は5月のGWでしたが、私としてはあまりお勧めいたしません><

夏の時期の方がが適しているようです。
[PR]
by katu-BG | 2006-07-28 21:06 | 旅の日記

GW・長野への旅行 湯俣温泉 5回目

だいぶ間が空いてしまいましたが、前回の続き ><

河原に降りさらに先へ進むとパッと先が開け、CMに出てくるような景色が目に飛び込んできました ↓

c0047726_0142585.jpg


そしてついに見つけましたよ、温泉が湧き出ている所を! ↓

c0047726_0211971.jpg


c0047726_031735.jpg


そこから先は数箇所で熱~いお湯がブクブクと湧いていて、いや~遠い所まで歩いて来た甲斐がありました o(TヘTo) クゥ

そして何気なく対岸を見ると巨大な変な物体が・・・・・ ↓

c0047726_0444858.jpg


カメラのズームを最大にして写してみると ↓

c0047726_0465589.jpg


なんじゃこりゃ~~~ 怪物みたいな容姿の物体が 

w(゚o゚)w オオー!

すっごく近くで見てみたいし触ってみたい。

だけど雪解け水の量が多く、川の水量も増えていて対岸に渡るのが危なそうな感じ・・・・・

そして1番の目的である温泉に入る事も、川の水量が多い為こちら側の岸には適した所がなさそうです。

何とかして対岸に渡る方法を見つけないと・・・・・


次回、怪物の正体が明らかに! & 温泉に入れたの?


∑('◇'*)エェッ!?
[PR]
by katu-BG | 2006-07-12 00:55 | 旅の日記

GW・長野への旅行 湯俣温泉 4回目

前回の続き,やっと山荘・晴嵐荘が見えてきた所からしばらく歩くと、晴嵐荘へ渡るつり橋が架かっていました。 ↓

c0047726_15305832.jpg


まだお休み期間中らしく、人気はありませんでした。

この先にある堰堤の奥へ進むんですが、雪が多くて裏へ出るのに苦労しました。 ↓

c0047726_15503882.jpg


堰堤を越えると、またつり橋が見えてきてこれを渡ります。 ↓

c0047726_15554671.jpg


凄い揺れるので、1人ずつ渡らないと危ないかも。

w(゚o゚)w ワオー!

橋を渡って右手に上がると、河原へ降りる岩壁があります。ロープがかかっているので、そんなに難しくなく降りる事が出来ます。 ↓

c0047726_1683589.jpg


ここまで来れば後ちょっと!谷には温泉が沸いている為か暖かく、雪も全然残っていません。硫黄の匂いもさらに強くなり、気持ちは逸るものの足がなかなかついていかない・・・・・

次回へ続く~

c0047726_16192520.jpg


ジャヾ(´ω` = ´ω`)ノ ジャ
[PR]
by katu-BG | 2006-05-28 16:25 | 旅の日記

GW・長野への旅行 湯俣温泉 3回目

前回の続き、無名小屋からだんだんと道が酷くなってきました・・・・・

ちょっと歩くといきなりこんな常態・・・・・ ↓

c0047726_0262354.jpg


雪で道が見えなくなっています ( ̄▽ ̄;)!!ガーン

雪道は歩き難さ・疲れが倍増しちゃいます。

さらに先へ進むと・・・ ↓

c0047726_0305866.jpg


落石で道が w|;゚ロ゚|w ヌォオオオオ!!

下を写していませんが、下は20メートル前後の崖でめっちゃ怖かったです。

こんな道をしばらく進むと視界が開けてきて、川沿いの道に出ました ↓

c0047726_0365612.jpg


相変わらず足元は悪いですが、視界が開けて気分が変わったのか綺麗な景色を見て元気が出てきます。

雪解け水が多いのか数箇所で滝のようになっている所がありました ↓

c0047726_04047.jpg



そして無名小屋から歩く事1時間20分くらい疲れもだいぶ溜まってきた頃、目指す目的地の目印、山荘・晴嵐荘が見えてきました~ ↓

c0047726_046562.jpg


わぁいヽ(ω・ヽ)(ノ・ω)ノ わぁい♪

湯俣温泉までもうちょっと!


次回につづく ファイトーー!( ゚ロ゚)乂(゚ロ゚ )イッパーーツ!!
[PR]
by katu-BG | 2006-05-24 00:49 | 旅の日記

GW・長野への旅行 湯俣温泉 2回目

前回の続きですが、なんと先の見えない真っ暗なトンネル。

ずっと真っ直ぐなのですがとんでもない長さがあり、抜けるのに10~15分程かかりましたが、めっちゃ怖かったですw

w|;゚ロ゚|w ヌォオオオオ!!

その後も短いトンネルが数個ありましたが全て照明が点いていなかったので、やっぱり懐中電灯などの灯りは必要なようです。

トンネルを抜けると景色が開け、電力会社の管理用の道で舗装はされていませんが、湖沿いの殆んどアップダウンの無い林道が4500m程続きます。

湖沿いの林道 ↓

c0047726_2155381.jpg


c0047726_2165117.jpg


4500m地点の林道の終点までは1時間ちょっと、いよいよここからは山道になってきます。↓

c0047726_2272522.jpg


林道の終点から30分程歩くと名無小屋という避難小屋があって自由に泊まれます。4畳の畳敷きで土間には薪のストーブがあって、薪もたくさん備蓄してあって困った方には助かるんではないでしょうか。↓

c0047726_22951100.jpg


ここに標識があり、目的地の手前の目印の山荘・晴嵐荘まで50分と書いてありました。

まだまだ先は長いのね~

この辺りから雪が残っているのが目立ち始めました。

歩き難くなりそうです・・・・・


次回につづく ε- (´ー`*) フッ
[PR]
by katu-BG | 2006-05-14 02:41 | 旅の日記

GW・長野への旅行

今回の目的地は長野県の湯俣温泉と呼ばれる場所、前回に続きまたまた温泉を探しに行きました~
うふ♪(* ̄ー ̄)v

しかし、今回は前回よりもさらにハードで徒歩で数時間歩かないとたどり着けない所。数回に分けて報告したいと思います!


横浜を3日の午前2時に出発して相模湖ICから中央道で豊科ICへ向かい、国道147号線を北上します。県道326号線(槍ヶ岳線)と交差する「一中東」の交差点を左折し、「七倉」や「高瀬渓谷」への道案内に従って進むと、登山の出発点七倉山荘前の駐車場に到着です。

3時間30分程かかり到着したのは午前5時30頃。駐車場は無料で私達の前に5台くらいの車が到着していました。

七倉山荘前 ↓

c0047726_0134477.jpg


ここ七倉からは一般車が通行できないので、タクシー(料金は1,990円6時30分からで今年のタクシーは4月20日から始まったそうです。冬季はお休みだそうです。)で高瀬ダムに向います。

準備をして6時30分を待っているとタクシーが5台ほど来ましたが、私達は乗れずに戻ってくるのを待ちました。

30分ちょっと待つとさっき行ったタクシーが戻ってきたので、それに乗り高瀬ダムまで15分くらいで到着。

3日は雲ひとつ無い快晴で朝はちょっと寒かったですが、空気がとっても綺麗で眠気も飛んで気分がとっても良い感じ。

山にはまだまだ雪が残っていますね。

高瀬ダムから ↓

c0047726_0311831.jpg


気分良く歩き始めると直ぐにトンネルが現れましたが何か変。だって電気も点いていない真っ暗なトンネルで先がまったく見えません・・・・・ ↓

c0047726_0415591.jpg


懐中電灯なんて持ってこなかったしね。

最初から前途多難です。

ハイロッカ((( -_-)ヤメヨッカ(-__- )))カンガエチュウ(;-_-)o"

次回につづく ε≡Ξ≡Ξ≡Ξ≡Ξ≡ヽ(;゚〇゚)ノアウアウ 
[PR]
by katu-BG | 2006-05-12 00:46 | 旅の日記

旅の日記 お盆パート4  ラフティング

8月13日から行って来た、お盆休みの旅を数回に分けて報告。

第4回、今回で最後になります。やっとたどり着きました、ラフティング!

お忘れの方は1回目・2回目・3回目も見て下さいね。
(m。_。)m オネガイシマス

朝目覚めると窓を開けお天気のチェック!

昨日の夜の雨は上がっていて、良いお天気です。
∩(´∀`∩) ワッショーイ ワッシ ∩( ´∀` )∩ ョーイ ワッショーイ (∩´∀`)∩

軽く朝食を済ませ集合場所へ行くと、さすがにお盆休みと言う事もあって受付に人がかなり並んでいました。

今回お世話になったラフティングツアーに会社は ↓

有限会社ビッグウエーブ水上事業所


ここは関越水上ICを下りて1分のところにあり、分かりやすく宿のパックもあった事。

海水パンツに着替え必要な装備を借りるとマイクロバスに乗って川まで移動。

川原にはすでにゴムボートが何艘もあって適当に船に5~6人くらいづつ割り振られます。

私と先輩が一緒になったのは2組のカップルの4人で計6人。しばらく待っているとガイドのローワンさんがやってきました。

ん~~~外人さんか~~~でも日本語分かるみたいなんで大丈夫でした!

出発する前に色々な合図・漕ぎ方・声を出してテンションを上げていきます。

川に漕ぎですとローワンさんの合図で漕いだり摑まったり、のんびり景色を眺めたりととっても楽しいです!

流れの緩やかな所、先頭の向かって右側が私 ↓

c0047726_0494136.jpg


そしてめっちゃ急な所、半分水に潜っちゃってます・・・ ↓

c0047726_051467.jpg


そんなこんなを繰り返しながら2時間弱でしょうか、楽しい時間はあっと言う間で上陸地点に到着します。

ガイドのローワンさんとっても面白い人で、サービス精神も旺盛です。流れの緩やかな所で1番後ろに座っているお兄さんが引っ張られて落とされたのはナイショです。
(゚ー゚;Aアセアセ

終わった後に聞いたのですが、この日(15日)は前日に雨が降ったので川の水量が多くフルコースで川下り出来たそうです。普段だと夏は水量が少なく今日の半分くらいの距離しか出来ないらしい。水量が少ない時は川遊びをしながら下るそうです、それも面白そうだけどね!
わぁいヽ(゚ー゚*ヽ)(ノ*゚ー゚)ノわぁい

午後もツアーがあったので戻ってカレーを頂きました。
とっても美味しかった~「(゚д゚)メチャウマー

午後からはキャニオリングツアーに参加して、ウエットスーツ着替えてマイクロバスで山奥へ。
マイクロバスを降りると、30分程山を登って沢に出ます。

上に着く頃には雲行きが怪しくなり、雨がパラパラと降ってきてしまいました。体で川下る感じで面白いなと思いかけたんですが、なんと2・3滑った所で雨が豪雨に変わってしまいさっきまで滑っていた沢が茶色い濁流へ・・・・・

キャニオリングは出来なくなり山を下りる事になったんですが、川が増水してしまって渡れないので山中で小1時間立ち往生。

普段通らないような道を通って何とか下山。自然て怖いですよね、ホント今回は実感しました。だけど自然と上手く付き合って遊ばせてもらえば、とっても楽しい事も良く分かりました。
ヽ(゚▽゚*)乂(*゚▽゚)ノ バンザーイ♪

また遊びに行きたいと思います!

みなさんも1度チャレンジしてみてはいかがでしょうか?
ワクワク"o(・ェ・o))((o・ェ・)o"ドキドキ


次の旅行の報告まで ☆。.:*:・'゜ヽ( ´ー`)ノ まったね~♪
[PR]
by katu-BG | 2005-11-11 01:32 | 旅の日記

旅の日記 お盆パート3  ラフティング~ 手前

8月13日から行って来た、お盆休みの旅を数回に分けて報告!

第3回目、もうみなさんお忘れでしょうが前回の続きを (゚ー゚;Aアセアセ

お忘れの方は1回目・2回目も見て下さいね!

前回、河原で温泉を掘って入った私達は、翌日のラフティングの為に水上ICまで戻る事に。

山奥から2時間弱で水上まで移動出来ましたがまだ10時前、宿のチェックインまではまだまだ時間があるので水上の観光をする事に。

まずは谷川岳へ行ってロープウェーとリフトで頂上まで。頂上はなかなか良い景色でしたが、ロープウェーとリフト代がちょっと高いですね・・・・・ 
(-ω-;)ウーン

↓リフトからの景色

c0047726_23553167.jpg


まだまだ時間が余ってしまって、木陰でお昼ね。
(@ ̄ρ ̄@)zzzz

15時になったので、早速宿にチェックイン!

↓今回お世話になったペンションは

ペンション Be

このペンションを選んだ理由は、
第1にラフティングツアーの集合場所から1番近いペンションだったから。(歩いても数分)
第2にラフティングツアーとパック料金があって、ちょっと安くなる事。
第3にお盆休みでも部屋が空いていた事。

部屋は山側の和室でしたが窓から見える景色は石垣だけ、まあこんなもんでしょ。

部屋の設備も和室はTVとテーブルがあるだけ、別にかまいません。
(´0ノ`*)オーホッホッホ!!

夕食は食堂で料理ごとにテーブルに運ばれてくるのですが、ちょっと冷め気味でなかなか美味しかっただけに残念です・・・

このペンションはワインの揃えが豊富でペンションのオリジナルがあったので、私は甘口の白ワインを頼んだら飲み易くてすっごい美味しいの!
(゚д゚)メチャウマー

軽く1本飲めました、みなさんもここに泊まったら飲んでみてね!


貸切露天風呂にも入ってみましたが、ちょっと微妙ですね~ 交通量は少ないですが道路に面していて、私が入っている時も車の音と人の話し声が聞こえました。

露天風呂の雰囲気を楽しむ分にはいいと思います。

夜になると雨が降って来たので翌日のラフティングが心配になりましたが、晴れるのを祈りつつとっても疲れていたので爆睡。

m(* ̄~ ̄)moOO グゥグゥ

翌日のラフティングはまたの機会に!

(* ̄▽ ̄)ノ~~ マタネー♪
[PR]
by katu-BG | 2005-11-09 00:53 | 旅の日記

旅の日記 お盆パート2 温泉堀り編

8月13日から行って来た、お盆休みの旅を数回に分けて報告!

第2回目、間がかなり開いてしまいましたが前回の続きを ^ ^;

カートを終えると出発前にドンキホーテで買い物。

ドンキーでは車の時間が長いので、宇田多ヒカル・aiko・Do As Infinityの3枚で2,980円だったので購入。

そろそろ出発しようかと思った頃には0時をまわって14日に。

コースは横浜からなので、第3京浜→環8→関越自動車道・塩沢石打ICへ。

塩沢石打ICを下りて国道405号線方面へ行って終点まで。切明温泉は峠道を小1時間程入った山奥です。

現地に着いたのは3時30頃で辺りは真っ暗、耳を澄ますと川の流れる音が聞こえてくるだけ。

明るくなるまで何も出来ないので仮眠を取る事に。2時間程経って5時30になると明るくなってきたのでお目覚め、周りはこんな感じでした。

c0047726_22582322.jpg


橋が架かっていて、上から見たら↓こんな感じ

c0047726_230121.jpg


さっそく河原に下りて様子を見て見ると、凄~~~い!お湯がブクブクと湧いているじゃないですか!!!

c0047726_2381240.jpg


触ってみとかなり熱く、ここに入るのは無理 T T

もうちょっと川の近くで良い場所を探そうと思ったけれど、前の日から雨が降っていた為か増水していてちょっと微妙・・・・・

↓やっと良さそうな所を見つけて持参したスコップで拡張工事!

c0047726_23134578.jpg


小1時間掘ってなんとか入れる大きさに、濁った水が落ち着くのを待って待望の入浴!

c0047726_23291727.jpg


ここでも下から温泉が湧いてきているので、川の水を入れないと熱くて入れないくらい^ ^;

のぼせそうになったら川に飛び込みます!川の水はかなり冷たい><;

お風呂から川を眺めるとこんな感じ↓

c0047726_23345720.jpg


この日この時間だけは私が掘った温泉なので、名前は「コウの湯」

なかなかこんな体験出来ないし、お湯もとっても良い温泉でした。

みなさんも自分だけの自分の名前の温泉掘ってみてはいかがでしょうか?

途中の峠道は危ない所もあるので気を付けて行って下さい!

周りには旅館らしき物が2軒あるだけで、お店なのはないですから必要な物は買ってから行かれるように。

続きはまたの機会に!

(T∇T)ノ~~フリフリ
[PR]
by katu-BG | 2005-08-25 23:43 | 旅の日記