F1イタリアGP

イタリアGPも面白かったですね~

フェラーリは地元で負けられないこのレース。

予選でPPを獲得したのは速いけど安定感の無いライコネン。2番手M・シューマッハ、3番手は
何とザウバーのN・ハイドフェルド。

マッサは4番手ながら、ルノーのアロンソは予選の進路妨害から10番手に降格フィジケラも奮わず9番手。

フェラーリが地元で良い結果を残せそうな予選結果!


本戦は序盤ライコネンとMシューマッハが逃げ、3位以下を引き離してのレース。予想通り軽くしていたライコネンが先にピットへ入り、2周後にピットに入ったM・シューマッハがピットから出るとライコネンの前に出ていた。

ライコネンもシューマッハに付いて行くものの抜ける速さは無く、後はアロンソが何位に入るかがチャンピョンシップの問題に。

アロンソは着々と5位まで順位を上げるも、マッサが仕事をし粘って食い止めこのまま終わってしまうのかと思うような展開。

しかし、さすがアロンソね。

2回目のピットから出てくると、4位3位を抜いてなんと3位に浮上。

被害を最小限にしたいアロンソが表彰台圏内まで上がって来て、レースは盛り上がり手に汗握っちゃいました><

そして残り10周、信じられない光景が・・・・・

快調に追い上げていたアロンソがまさかのエンジントラブルでリタイア。

ここ数十戦、トラブルらしいトラブルがここで出るなんて、そしてリタイアするなんて。


1位はM・シューマッハ、2位にライコネン、3位にクビサ


地元イタリアで優勝したフェラーリ、熱狂的なファンもさぞ喜んだでしょうね~

そしてアロンソとシューマッハの差が何と2ポイント差に!

まさかこんな展開になってくるとはね~

残り3戦、盛り上がる事必死です!


そして、とうとうM・シューマッハの引退が発表されました。

一時代を築いた人物も、いつかサーキットを去る日が来るんですね~

セナは事故で亡くなってしまって引退を見る事が出来ませんでしたが、名前を残し強いまま引退できるのは幸せな事なのかも知れませんね。

残り3戦見逃せません><


イタリアGP決勝結果

1 5 M.シューマッハ フェラーリ
2 3 K.ライッコネン マクラーレン・メルセデス
3 17 R.クビサ ザウバーBMW
4 2 G.フィジケラ ルノー
5 12 J.バトン Honda
6 11 R.バリチェッロ Honda
7 8 J.トゥルーリ トヨタ
8 16 N.ハイドフェルド ザウバーBMW
9 6 F.マッサ フェラーリ
10 9 M.ウェーバー ウィリアムズ・コスワース
11 15 C.クリエン RBRフェラーリ
12 14 D.クルサード RBRフェラーリ
13 21 S.スピード STRコスワース
14 20 V.リウッツィ STRコスワース
15 7 R.シューマッハ トヨタ
16 22 佐藤琢磨 SUPER AGURI Honda
17 19 C.アルバース MF1トヨタ
  18 T.モンテイロ MF1トヨタ ブレーキ
  1 F.アロンソ ルノー エンジン
  4 P.デ・ラ・ロサ マクラーレン・メルセデス エンジン
  23 山本左近 SUPER AGURI Honda ハイドロリック
  10 N.ロズベルグ ウィリアムズ・コスワース ドライブシャフト
[PR]
by katu-BG | 2006-09-12 00:11 | コウ思った事・・・
<< 追伸・・・ 昨晩の結果 >>